羽根田商会は生産性向上、コストダウン、環境対策をお手伝いする製造業向け専門商社です。

Japanese English
052-251-6354 クリックで通話アプリが起動されます。

製品情報

HOME製品情報品質監視装置・計測装置エルファイVFDコンバーターV382

VFDコンバーターV382

設備唯一の駆動源である「モーター」。この「モーター」の負荷変動をダイレクトに測定。微妙な変化を補えます。

特長

インバーターPWM10Hz-1KHzに適応
PWM波形を直接計測できます。

7レンジで入力電圧を切換
三相200V~三相575Vを7段階で測定電圧に設定することができます。

10レンジで入力電流を切換
1~80Aを10段階で測定電流にあわせて設定ができます。

0(4)-20ma及び0(2)-10アナログ出力
1~80Aを10段階で測定電流にあわせて設定ができます。

信号出力と供給電源は絶縁されています
信号出力は電源と絶縁されているために外部に影響を及ぼすことはありません。

外部センサーを必要としません
モーター自体をセンサとして使用することができます。

信頼性が高くメンテナンスフリー
高密度集積回路等の採用によりノイズや温度対策にも優れています。

V382型高速デジタルインバーターモニターとは?
エルファイVFDコンバーターV382型は交流型モーター及び、インバーターコントロールモーターACサーボモーター等に 使用することができます。
V382型はモータ自体をセンサと、捉え他に計測用センサを必要とすることなくモータから直接装置 の仕事量の変動を信号としてとりだすことが可能です。接続はインバーターやACサーボモータPWMコントロールアンプの出力側に接続します。
モータの動力は入力として電力が供給されます。そして、有効電力がモータの動力に変換され、機械装置を駆動しています。 V382型は装置の最小負荷(空転)と、装置の最大負荷の信号(4‐20ma又は0‐20ma)を取出すことができます。
例えば攪拌器の粘度変化信号として使用できます。これにより外部センサを使用することなく粘度変化情報を知ることができます。コンベア装置のモータ負荷を信号変換して供給側にコントロール信号を出すことができます。
V382はインバータやACサーボ装置の出力側に接続し、負荷を直接監視することができます。V382は測定するための電圧入力を7段階で切換てあわせることが できます。測定電流も1A~80Aで実測電流に近い値に合わせることができます。
出力信号フィルターは高速負荷変動から少しづつ変化をし長時間の変動を傾向でモニターするための信号を取りだせるフィルター機能があります。
モータ自体がセンサとして利用できるのでセンサ取付が困難な場所であってもコントロール信号を取出すことができます。一般的にモータは経年変化が少なく、センサとしても最適です。

設備の唯一駆動源電動機の余剰パワーが設備を壊す!
従来負荷は電流を監視していれば把握できるとしていた見方には限界があることを示しています。
設備の状態を表すとされてきた電流は、電動機の負荷率に大きく依存していて、仮に、負荷率が1~25%までの電動機を微小負荷、26~74%までの負荷率を軽負荷、75以上を適正負荷として、実際の負荷率を測定してみると微小負荷の電動機が大半をしめています。微小負荷や軽負荷領域では、設備のわずかな変化を捉えることは不可能であり、力率を加味した有効電力に 着目する必要があります。
従来の常識では設備の負荷は電流を監視していれば分かるとされていました。しかし、電動機の特性曲線に示すように電流の変 化は負荷率に大きく左右されます。
微少負荷や軽負荷で使用されている電動機では電流の変化はほとんどなく仮に、定格の75%以上の仕事が与えられている場合 は、わずかな負荷変動でも電流で捉えることができる場合もあるが、設備の電動機の負荷率は微少負荷、または、軽負荷のものが大半であり電流監視は設備の回しにくさを反映していないのです。
極端な例であるが、負荷率が1%の電動機が設備の駆動源に採用されていた場合もありました。
残りの99%の余剰パワーは悪条件が揃えばいつでも壊すためのパワーになります。さらに、設備には減速機が装備されている場合が多く、これが余剰パワーを拡大する原因になっています。

1.高い精度と完璧な動作
電子的にモータをセンサとして負荷を直接モニタする方式ですから経年変がなく高精度で確実な動作を維持します。

2.警報レベル設定や動作確認が簡単
どのような負荷範囲に対しても警報レベル設定が簡単に行え、その設定力負荷を読み取ることができます。

3.すばやい応答速度
過負荷や軽負荷を瞬時に検知しモータを停止させるための信号を出しますので、装置の破損を未然に防止、生産ライン緊急停止を最小限にとどめられます

4.軽量コンパクトなので配線も簡単
ICやマイクロプロセッサの採用により小型軽量で、配線も制御盤内で行えます。

仕様

寸法/重量 D58×W102×H86mm/ 0.3kg
防護クラス/取付方法 本体IP40 端子部IP20/35mm DIN-reil
端子台取付 Max 16A Max 2.5mm Max torque 0.6Nm
周囲温度範囲 -15~+50℃
認証 CE(EN50081-1,EN5008-2,EN6101-1)
Supply(供給電源) 24Vdc±10%
測定電圧 Max 600V(PWM)×3相
測定電流(入力) 定格80A, Max 130A
周波数 10Hz-1kHz
精度 2%
アナログ出力1/外部負荷抵抗 0(4)-20ma/Max300Ω
アナログ出力2/外部負荷抵抗 0(2)-10V /Min 10kΩ
制御入力 12-24Vdc
フィルター 20ms/40ms/80ms/200ms/3s/6s/10s
Options Serial port(RS232C,19.2kbaud)

商品構成一覧

一般機械/プロセス
あらゆる機械装置やプロセスには、常に、モーターで駆動されている装置の状態をモニターし保護しようとするニーズが高まっています。
これらは、チェーンであったり、ギア、パルプ、コンベア、ドア、ミル、ノコギリなどであり、どれも過負荷、過小負荷に対して敏感であったり、あるいは負荷のコントロールが要求されるものです。
ここにこそ、エルファイの負荷モニターの出番があるのです。過負荷/過小負荷の防止、負荷測定
-エルファイV-382負荷モニタ-

最大負荷または最小負荷を測定する必要がしばしばありますが、こういう場合には、エルファイのV-300が最も適しています。
最大負荷、最小負荷の測定とは別に、V-300は2段の過負荷、または2段の過小負荷の検出を設定できます。
V-300も、モーターの軸出力を測るエルファイのV1P方式をベースにしています。
アプリケーションでは、ドリルの破損や損耗を検出したり、スラッジスクレーバーを過負荷から守ったり、チェーンが切れたことによる過小負荷で装置を保護します。パラメーターの測定
-エルファイV-382負荷モニタ-

プロセスや機械装置を保護することに加えて、エルファイモニターは操作上のパラメーターを測ることにも使われます。
エルファイモニターはきわめて正確な測定機能を有していますので、しばしば高価な測定器、例えば流量計、圧力計、質量計、粘度計、損耗度計などにとって代わることができます。負荷測定
-エルファイV-382パワーメータ-

モーターの負荷をコントロールしたり、モニターしたりなどの目的のために軸出力を連続表示する必要がありますが、エルファイのV-300型には4-20mAのアナログ出力が用意されています。
測定はエルファイのVIP方式に基づいており、全測定スパンにわたって正確にモーターの軸出力を測ることができます。
スクリューコンベア
スクリューコンベアは、ゆっくり流れる粉体、木の切屑、剥ぎとったものなどにしばしば使われます。
時々これらの材料がくっつきあったり塊になったりして詰まりを引き起こします。
場合によっては、埃っぽい環境の中でモーターが負荷なしの状況になりますと爆発の危険も生じます。
これらの問題はエルファイモニターを使うことによって、簡単に解決することができます。
ポンプ
エルファイのポンプモニターは主として遠心ポンプに使われますが、他の方式のポンプの保護にも使うことができます。
たとえば、吐出型ポンプ、スクリューポンプ、ピストンポンプ、投込型ポンプギアポンプなどです。
空運転とキャビテーションの二つはよく起こるトラブルで、パイプの漏れやパイプを閉めることによって引き起こされますが、いったん起こりますと、機械の損傷は大きく、作業の中断という高価な犠牲を払うことになります。
今日では、多くの企業のプロセスで、エルファイのモーターを使うことにより、これらの損失から逃れ、利益につなげています。
エルファイのモニターは、自動でプロセスをモニターし、メンテナンスの必要な時期を教えてくれるからです。


ファン
昨今のペンチレーションシステムは、流量、圧力、温度などを計測し、これらのパラメーターを正確にコントロールするという具合にますます進歩しています。
同時にまた、メンテナンスが簡単なこと、故障の時でも短時間で直せることという要求も高まっています。
これこそまさにエルファイモニターの出番です。
取付けも簡単ですし、ファンシステムの故障を的確に検知します。

ご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

052-251-6354 平日9:00~17:00